菱目打ちだけでOK、ハンマーも菱錐も使わない無音菱目打ち法「菱目抜き」

 

自宅でレザークラフトをする際に気になるのが

 

特にアパート・マンション住まいだと「菱目打ちや金具の取り付け時の打刻音が気になって思うように作業ができない」と言う方も多いはずですし、ぼくもそのひとりです 笑

 

今回は「菱目打ちの打刻音を極限までなくす方法」というか「ハンマーを使わずに菱目打ちをしてしまう力技」を紹介していきたいと思います。勝手に「菱目抜き」と命名しました。

 

では、早速。

 

【目次】

必要な工具

 

必要な工具は下記の2つだけです。

  1. 菱目打ち(4本目or2本目)
  2. 打ち台

f:id:leathercrafts:20190728015816j:image

 

今回紹介する菱目抜きは、菱目打ちの本数が少ない方がスムーズに穴開けできます。つまり、4本目打ちより2本目打ちの方が貫通しやすいということです。圧が分散しないからに他なりません。

 

革の種類にもよりますが、3.0mm厚のヌメ革でも難なく抜けます(この記事の写真・動画に出てくる革はすべて3.0mm厚のヌメ革)。ぼくがよく使ってる1.5mm厚のプルアップならほとんど体重乗せずに貫通。ハンマーで打つより早いし静かなので基本菱目抜きで穴開けてます。

 

菱目抜きの方法

 

工具の用意ができたら早速実践。もうわざわざ説明する必要もないかもしれませんが、下記のように菱目抜きをしていきます。

 

f:id:leathercrafts:20190728020406p:image
▲革を打ち台に置き菱目打ちを添えて両手で体重をかける

 

f:id:leathercrafts:20190728020449p:image

f:id:leathercrafts:20190728020445p:image
▲3mm厚のヌメ革も綺麗に貫通しています

 

上手に穴を開けるコツは、体重をまっすぐかけるのではなく上下に菱目打ちを揺らすような感覚で開けていくことです。

 

4本目打ちを使う場合、一気に4つ穴を開けるイメージではなく、いちばん上の穴から下の穴と徐々に体重をかけていくイメージ。菱目打ちをしっかり垂直に保てば、3mm厚の革でも比較的綺麗に抜けます。

 

f:id:leathercrafts:20190728020808j:image
▲菱目抜きでの縫い目

 

なによりほぼ無音で菱目打ちができます。マンション・アパートにお住いの方には特におすすめです。夜中の1時くらいに作業してもほぼ問題ありません。

 

実際の流れや音を見たい・聞きたい方は下記の動画からご覧ください。

 

 

掌底保護のために手袋やタオルなどを

 

音を出さず、かつ比較的綺麗に菱目打ちができる菱目抜きですが弱点があります。長時間すると掌底を痛めるという点です。

 

f:id:leathercrafts:20190728021910j:image

 

ぼくは右手で菱目打ちを支え、左手の掌底部で菱目打ちの棒のお尻部分を押さえ込むので、どうしても左手の掌底が痛みます。でもこれも、手袋をする・タオルを巻くなどで簡単に解決できると思います、やったことないけど、今度やってみよう 笑

 

まとめ

 

というわけで、無音で菱目打ちを実現する菱目抜きのご紹介でした。ちなみに、使っている菱目打ちはすべてSEIWAさんのものです。

 

SEIWA プロツール菱目打 4本 3mm巾

SEIWA プロツール菱目打 4本 3mm巾

福岡市在住のコピーライター兼革工房ユウナギの店主。革とカメラと海と山が好きな33歳。
投稿を作成しました 16

関連する投稿

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る